邪馬台国と大和朝廷を推理する

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮崎県西都市・国府跡とトンボ

<<   作成日時 : 2017/03/25 07:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宮崎県西都市では、日向国府跡の調査が進んでいます。
毎年今頃、現地説明会が行われ、今年(2017・03・11)もありました。
新聞の記事や写真とグーグルアースとを見比べると、
政庁跡の範囲が去年の段階でほぼ判明していたようです。
画像


国府跡を地図に落としてみると、
西都原古墳群の中でも古式の古墳である
1号墳、284号墳、81号墳などを見上げる位置に作られたようです。
500mほど東には日向総社の都萬神社があり、
ニニギの妻であるコノハナサクヤヒメが祭られています。
1.5qほど南にはすでに日向国分寺跡も見つかっています。
(西都原古墳群:さいとばる・こふんぐん)
(都萬神社:つま・じんじゃ)
画像


ホームページで紹介したとおり、
西都原古墳群はトンボの内側にあります。
(参考:23聖地移植(後))
加えて、国府、国分寺に総社までもトンボの内側にあります。
都萬神社の祭神はコノハナノサクヤヒメだそうですが、
国府跡はオシホミミの都に対応し、
国分寺跡はオシホミミの墓に対応すると見て良さそうです。
西都原古墳群の古式の古墳は神武天皇の墓に対応すると見て来ましたが、
オシホミミの墓に対応する可能性を付け加えても良いかもしれません。
(ニニギとオシホミミを間違えたので、訂正しました。2017・04・01)
画像



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮崎県西都市・国府跡とトンボ 邪馬台国と大和朝廷を推理する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる