邪馬台国と大和朝廷を推理する

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都府城陽市の芝山遺跡とトンボ (現地公開見て歩き174)

<<   作成日時 : 2017/05/14 19:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年05月13日、
京都府城陽市の芝山遺跡で現地説明会があり、行って来ました。
第16次の調査で、今回は新名神高速道路の建設に伴う調査らしいです。
(参加は今回が初です。)
雨予報のためやめようかと思いましたが、
市のHPでは小雨決行となっているのを見てあわてました。
画像


説明会資料から。
今回のメインはB地区の方墳2基と、D地区の円墳2基です。
方墳は前期末〜中期前半、円墳は後期前半〜中頃らしいです。
画像


道路西側のD地区を道路から撮影。
今回は非公開で、シートに覆われています。
それでも中央奥に古墳3の輪郭が見えています。
左に古墳4があるはずですが、周濠が浅く狭いので見えにくいようです。
3号墳は径11m、4号墳は径11.5m。
画像


道路東側のB地区。
手前の砂利敷きの部分はA地区で、
去年の調査で奈良時代の掘立柱建物跡などが出た調査区です。
奥(東)の丘陵の尾根が今回調査されたB地区。
(斜面はドロドロでしたが、鉄パイプの手すりが用意されていました。)
画像


2017年05月13日のグーグル画像で現地を見るとこうなっています。
画像


B地区の北端では表土の下から銅鏡が出たり、
竹の根の攪乱から石釧の破片が出土したらしいです。
近くに古墳があるかも知れないとのこと。
ちなみにここから奥(北)に50mほどのところには
梅の子塚2号墳とさらに奥に梅の子塚1号墳があります。
説明会資料によれば、前期末の前方後円墳です。
画像


古墳1を北西から。1辺9mの方墳です。
割竹形木棺と推定されるそうです。
尾根上の古墳であり、向こう(東)は谷です。
谷の向こうの竹やぶが見えています。
削平を受けてほとんど墳丘がありません。
画像


古墳2を西から。1辺13mの方墳。
左手前に墳丘の端が見えています。
古墳1よりもさらに墳丘の端が分りにくかったです。
墳丘上にロープが張られているのは、
埋葬施設が見やすいようにという配慮かと思われます。
画像


古墳2の埋葬施設を拡大(トリミング)。
左から埋葬施設1、埋葬施設2、埋葬施設3。
1と2は割竹形木棺で、3は土壙墓と推定されるそうです。
画像


古墳2を南東から。尾根上は北に向かって平坦地が広がる印象です。
画像


埴輪棺1。場所を変えて3基出たうちの1基。
古墳1・2と埴輪棺1・2・3の年代は、
古墳時代前期末〜中期前半とされますが、
一覧表の中では「中期前半か」と要約されています。
梅の子塚1号墳・2号墳に後続する古墳のようです。
画像


説明会の資料ではこんな地形になっています。
梅の子塚1号墳と2号墳は遺跡ウォーカーから想像する形とは違います。
遺跡ウォーカーのデータが古いのかも知れません。
梅の子塚1号墳と2号墳の周辺では、
発掘調査によって古墳が次々に見つかっていることも分ります。
芝山古墳群と呼ばれ始めているらしいです。
画像


屋内に遺物が展示されていました。
埴輪棺が2基、展示されています。
画像


B地区の北端で出土した銅鏡。
獣形鏡で、中期中ごろの国産鏡らしいです。
画像


B地区の北端で出土した石釧の破片。(石釧:いし・くしろ)
画像


古墳2の埋葬施設2から出土したメノウの勾玉と、
碧玉・緑色凝灰岩の管玉。
画像


古墳2の埋葬施設2から出土した銅鏡。まだ土が付いたままです。
画像


D地区の古墳3から出土した鉄刀。
画像


D地区の古墳3から出土した須恵器。古墳時代後期前半。
画像


D地区の古墳4から出土した須恵器。古墳時代後期中頃。
画像


今回は見ることが出来ませんでしたが、
梅の子塚1号墳と梅の子塚2号墳は前期末の前方後円墳で、
宇治市と城陽市にまたがる鴻の巣山のトンボにおいては
左岸側にあって卑弥呼の墓に対応します。
(参考:城陽市と宇治市にまたがるトンボ(現地131)2015・09・24)
(参考:京都府城陽市の久津川車塚古墳(現地130)2015・09・23)
近くの富野(との)には荒見神社があり、
天火明尊、天香語山尊など物部系・出雲系の神が祭られています。
(天火明尊:あめ・の・ほあかり・の・みこと)
(天火明尊はニギハヤヒの別名らしいです。(神奈備にようこそ))
物部系・出雲系の土地柄なのでしょうか。
画像


(資料の地形図を画質の良いものに張り替えました。2017年05月15日)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都府城陽市の芝山遺跡とトンボ (現地公開見て歩き174) 邪馬台国と大和朝廷を推理する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる