邪馬台国と大和朝廷を推理する

アクセスカウンタ

zoom RSS 滋賀県甲良町の法養寺遺跡・横関遺跡 (現地公開見て歩き176)

<<   作成日時 : 2017/05/28 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年05月27日、
滋賀県甲良町の法養寺遺跡・横関遺跡の現地説明会に行って来ました。
(甲良町:こうらちょう)
奈良時代の竪穴住居2棟と掘立柱建物3棟が見つかったらしいです。
場所は湖東平野の奥まったところと思っていたら、
担当者は犬上川左岸の扇状地だという認識のようでした。
(扇状地という言葉が今日の大きなポイントでした。)
画像

画像


JR河瀬駅から東へ歩きます。
中山道を越えると甲良町で、近江鉄道の尼子駅はすぐそこです。
(尼子駅:あまごえき)
尼子駅の上を新幹線が走り抜けます。
この写真で気が付きましたが、
自動販売機の横に「めぐりんこ」という看板が見えています。
もしかするとレンタサイクルがあったのかも知れません。
(しまったぁ。分っていれば、利用したんですけどねぇ。)
画像


甲良神社。
宗像氏の出身で天武天皇の后になった尼子姫ゆかりの神社だそうです。
尼子の地名は尼子姫から取ったのですね。
今回の遺跡は尼子姫の時代の遺跡かと思ってきたのですが、
尼子姫より新しい時代だそうで残念でした。
画像

画像


尼子城の堀跡。
近江の守護大名佐々木氏(宇多源氏)の一族の尼子氏の発祥の地です。
出雲の守護大名の尼子氏もこの一族の子孫です。
画像


水に恵まれた水田地帯のように見えますが、
これは歴史的に見ればごく最近の景観だそうです。
画像


在士八幡神社。(在士:ざいじ)
在士は藤堂高虎の生誕地で、
この神社も藤堂氏にゆかりのある神社らしいです。
画像


在士高虎公園。
藤堂高虎の銅像や大阪城に運ぶはずだった残念石が展示されています。
画像


藤堂高虎ゆかりの残念石。
画像


発掘現場は甲良町役場に隣接する公民館の東側です。
南の法養寺遺跡と東の横関遺跡の接点付近にあたります。
これまで田んぼに盛土をして駐車場にしていたらしいです。

奈良時代の3棟の掘立柱建物跡を北側から見ています。
青いテープの建物は竪穴住居と重なっていますが、
遺構の切りあい関係から掘立柱建物跡が新しいそうです。
画像


説明会資料。掘立柱建物の内部の復元図。
画像


飛鳥時代末〜奈良時代初めの竪穴建物を北東から見ています。
今回の遺構では一番古いものです。
1辺6mで、10畳ほどの広さがあるそうです。
4本の柱の跡が白線で表示されています。
向こう側奥の床にある溝は壁板の跡だそうです。
内と外の2列あるのは部屋を広げた跡だろうとのこと。
手前側中央の壁際にはかまどの跡があります。
奥にもう一つの竪穴建物があります。
画像


説明会資料。竪穴住居の復元図。
板壁が巡る新しいタイプの竪穴住居のようです。
画像


もう一つの竪穴建物を南西から見ています。
1辺3.5mで、6畳ほどの広さがあるそうです。
この住居も床の端に板壁の細い溝が巡っています。
北側で溝の途切れたところがあり、そこがかまど跡らしく、
焼けた土が見つかったそうです。
かまど跡より外側に2本の柱穴があり、
全部で6本の柱になる可能性があるとか。
かまど跡の反対側にあたる南側でも床の溝が途切れており、
そこが出入り口ではないかと考えられるそうです。
竪穴住居の出入り口が見つかるのは極めて珍しいそうです。
画像


この住居が埋まった後の地面から、
奈良時代後半の神功開寶が出土したらしいです。

南北の溝を北から。
洪水で運ばれたような川原石の層の下から溝が出ています。
溝は手前(北)が低いように見えます。
画像


現場の東側の水路も北に向かって流れています。
周辺の田んぼに水を引く用水路のように見えます。
発掘現場の溝もこのような用水路だったかも知れませんね。
画像


今回の現場は砂を含んだ地面で水はけが大変良かったそうです。
雨の後でも現場が水没することがなく、作業がしやすかったとか。
見た目は平坦地でしたが、実態は扇状地だそうです。
ここを水田にするには昔の人の工夫や苦労があったことでしょうね。
古い遺跡は稲部遺跡のように湖岸方面から出る傾向があり、
蒲生野とは違った意味で、ここも開発の難しい土地だったようです。
そういえば、関東ローム層の武蔵野と同じで、
湖東の山沿いは渡来人が入植し、開発したのでしたね。

今回の遺物です。
神功開寶。
初鋳は765年で、日本で3番目に古い貨幣らしいです。
画像


土師器。杯(つき)。
画像


竪穴住居から出土した須恵器。杯身(つきみ)。
画像


竪穴住居から出土した須恵器。
上は杯蓋(つきふた)、下は杯身(つきみ)。
画像


溝から出土した須恵器。
左上は杯蓋、左下も杯蓋。
右の4点は坏身。
画像


溝から出土した須恵器。甕(かめ)。
画像


溝から出土した須恵器や土師器の破片。
画像


おまけ
開発が楽かと思った場所が実は難しい土地だった、
と分ったことが今回の収穫です。
尼子に麦畑が多いのは水はけのよい地質が理由でしょうか。
天気が良くて、風が涼しい日でした。
新幹線、長〜い。そこで一句。
  麦畑 揺らして長〜い 新幹線
画像



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
滋賀県甲良町の法養寺遺跡・横関遺跡 (現地公開見て歩き176) 邪馬台国と大和朝廷を推理する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる