大阪府交野市の磐船神社のお旅所

白庭山からの帰り道、国道163号線の清滝越えはしんどいので、天野川沿いの国道168号線を下って、何もしないで帰ります。 翌日、再度国道163号線で清滝峠を越え、国道168号線を下ります。ちなみにこちらはRoute163です。ユタ州モニュメントバレー。弥生終末~古墳時代は東部開拓時代であるという考えからの連想です。♬ You see A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良県生駒市と奈良市にまたがる白庭山のトンボ

奈良県生駒市白庭台から奈良市にまたがる富雄川上流域は、 古来ニギハヤヒの渡来した地として伝承されています。 その子孫であるナガスネヒコがここを拠点として、 神武東征に抵抗したとされています。 しかし実際にはニギハヤヒは別名を猿田彦(物部氏)といい、 神武天皇の道案内をして同族のナガスネヒコを攻めたのです。 地図を見ると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下総国府と千葉県市川市真間のトンボ

2019年06月17日、 千葉県市川市の国府台遺跡で市による初の発掘調査が行われる、 という毎日新聞のニュースがありました。 (国府台:こうのだい。) これまでに行われた県教委などの調査によって、 国府の中心となる国庁のおよその場所が推定されており、 そこが調査されると思われます。 国府台公園から和洋女子大、千葉商大にまた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三重県大紀町の名古遺跡と南伊勢町のトンボ

2019年06月01日、 熊野灘に面した三重県大紀町錦地区で1950年代に発見の土器片20点が、 奈良県桜井市の纒向遺跡から出土した庄内式・布留式系の土器片とわかった、 という朝日新聞のニュースがありました。 「二色の魚」と書かれた木簡が平城京の遺跡から出土したことがあり、 大台町の山の中には、 錦地区で水揚げされた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県丹波市青垣町のトンボ

前回に続いて兵庫県丹波市のトンボの聖地を紹介します。 丹波市では三つ目です。 丹波市最北部、加古川最上流部の青垣町のトンボです。 (参考:兵庫県丹波市の黒井城跡のトンボ  2019・05・24) (参考:兵庫県丹波市氷上町のトンボ    2018・04・23) 地図を見ると、 加古川支流の遠阪川と稲土川が大箕山を囲ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県丹波市の黒井城跡のトンボ

2019年05月の丹波新聞(ネットのニュース)によると、 兵庫県丹波市春日町黒井の黒井城跡に注目が集まっているらしいです。 (「赤鬼の城」でけが人 4月以降3件、城ブーム影響? 2019・05・23) (「赤鬼の城」にブーム到来 光秀と激戦の赤井直正 2019・05・01) 「丹波の赤鬼」とは、明智光秀と戦った赤井悪右衛門直正の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井県敦賀市の大町田遺跡とトンボ

2019年05月12日のニュースによると、 福井県敦賀市羽織町の大町田遺跡で発掘調査が始まったらしいです。 北陸新幹線の車両基地の一部となる予定の場所らしいです。 過去の調査では弥生時代末期から古墳時代初頭の集落遺跡が確認され、 北陸、山陰、近江各地方の特徴を持つ土器が一緒に出土したそうです。 人物の絵が描かれた古墳時代初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノートルダムの火災

2019年04月18日の毎日新聞の夕刊に、 火災にあったノートルダム大聖堂の空撮写真が出ていました。 ロシアのウェブサイトで公開されたものらしいです。 修復工事中に起きた不幸な火災でした。 こちらは毎日新聞のウェブ版の写真です。 ゴシック建築の構造がよく見えます。 手前に一カ所、右手にも一カ所、 おそらく石でできて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木県益子町と市貝町にまたがるトンボ

2019年04月08日の下野新聞によると、 栃木県益子町の小宅古墳群で桜と菜の花が見頃を迎えているようです。 (益子町:ましこ・まち。)(小宅古墳群:おやけ・こふんぐん。) 前方後円墳6基、円墳29基からなる後期の古墳群です。 例によって地図を確認すると、トンボの聖地が確認できました。 小貝川と支流の小宅川が御嶽山や1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近場で花見

2019年04月06日、 寝屋川市三井が丘の団地に花見に行って来ました。 (明日は雨の予報ですから、今日が花見日和です。) 下の打上川治水緑地は花見客でにぎわっている様子です。 帰り道で見つけた、街角の枝垂れ桜。 あれれ、翌日は雨予報のはずが、晴天に恵まれました。 せっかくですから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新元号は令和

2019年04月01日、 5月01日から適用される新しい元号は令和と発表されました。 今回は日本の古典から選ばれる可能性もあるとされていましたが、 『万葉集』から選ばれたというのがいいですねぇ~。 天皇から庶民まで、様々な人々の作品が集められた歌集ですから。 令和の文字は、梅花32首(815~846)の序文から取られたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県淡路市の舟木遺跡 (現地公開見て歩き232)

2019年02月23日、 兵庫県淡路市の舟木遺跡の現地説明会に行って来ました。 弥生後期から庄内期にかけての鍜治集落の遺跡です。 五斗長垣内遺跡と舟木遺跡については年代が気になっておりました。 今回の説明会資料によれば、28年度・29年度調査区は 弥生後期後半~弥生終末期(2世紀後半~3世紀前半)とされています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県淡路市の舟木遺跡とトンボ (現地公開見て歩き231)

2019年02月23日、 兵庫県淡路市の舟木遺跡の現地説明会に行って来ました。 弥生後期から庄内期にかけての鍜治集落の遺跡です。 淡路島は、 淡路市の震災記念公園セミナーハウスでの五斗長垣内遺跡の報告会や、 個人的に五斗長垣内遺跡を見に行ったのに続いて3度目です。 (五斗長垣内:ごっさ・かいと。) (参考:垣内遺跡(現地公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城県名取市のトンボ

2019年02月11日の河北新報によると、 宮城県名取市の歴史民俗資料館の予定地に 雷神山古墳を模した築山を造成するそうです。 雷神山古墳は前期末の前方後円墳で、 墳長168m、後円部径96m、前方部幅96mで、東北一の規模を誇ります。 例によって地図を確認すると、トンボの聖地が確認できました。 増田川と支流の川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府八幡市の美濃山遺跡とトンボ (現地公開見て歩き230)

2019年02月09日に説明会が行われた京都府八幡市の美濃山遺跡は、 石清水八幡宮のトンボの聖域に含まれます。 (参考:石清水八幡宮のトンボ (現地公開115) 2015・01・29) (参考:京田辺市の松井横穴群 (現地公開114) 2015・01・28) 石清水八幡宮の境内には高良神社があって、 福岡県久留米市の高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府八幡市の美濃山遺跡2 (現地公開見て歩き229)

2019年02月09日、 京都府八幡市の美濃山遺跡の現地説明会に行って来ました。 去年に続いて2度目の現地説明会です。 現場は去年の現場の北側隣接地です。 (参考:京都府八幡市の美濃山遺跡(現地公開199)2018・01・23) 今回の主な遺構は次の通り。  弥生時代後期の竪穴建物9基。円形、多角形、方形。  飛鳥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良県明日香村の小山田古墳3 (現地公開見て歩き228)

2019年02月03日、 奈良県明日香村の小山田古墳での現地説明会に行って来ました。 今回は2度目です。 (参考:明日香村の小山田遺跡 (現地公開113) 2015・01・19) 2017年8月には石室の一部で羨道と呼ばれる通路の跡が確認され、 26日に現地説明会がありましたが、 この時は京丹後市の丹波丸山古墳群に行っており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府高槻市の高槻城跡3 (現地公開見て歩き227)

2019年02月02日、 大阪府高槻市の高槻城跡の二の丸跡での現地説明会に行って来ました。 今回は3度目です。 (参考:大阪府高槻市の高槻城跡2 (現地公開207) 2018・06・05) (参考:大阪府高槻市の高槻城跡 (現地公開177) 2017・06・05) 説明会資料。 堀の位置が変遷しているようですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良市富雄のトンボ (現地公開見て歩き226)

2019年01月26日、 富雄丸山古墳での現地説明会に合わせてトンボ探しに行って来ました。 奈良市富雄のトンボについては過去にホームページで紹介しましたが、 充分ではないのでさらに歩きます。 (参考:奈良の邪馬台国←26神武東征の伝承←邪馬台国大和朝廷推理) (参考:8代開化天皇←23聖地移植(前)←邪馬台国大和朝廷推理) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良市の富雄丸山古墳 (現地公開見て歩き225)

2019年01月26日、 奈良市丸山1丁目の富雄丸山古墳での現地説明会に行って来ました。 (富雄:とみお。) 説明会資料。 径109mの円墳。日本最大の円墳として確定らしいです。 平坦面の幅は、1段目が7・2m、2段目が8・8m。 全景。 説明会資料。 造り出しの西側面の調査区。 造り出しは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more