熊本県益城町の大辻遺跡と熊本市のトンボ

熊本県益城町馬水の大辻遺跡で、 鎌倉時代に神戸を中心に作られた東播系須恵器の鉢が出土した というニュースがありました。 弥生時代と奈良・平安時代の竪穴住居跡も二十数棟確認されたらしいです。 復興支援で派遣されていた神戸市の学芸員が担当した発掘現場だそうです。 (参考:考古学のおやつ。毎日新聞。) 地図を見ると、 近くに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良市のトンボ (現地公開見て歩き220)

2018年11月11日の東大寺の現地説明会は良い機会だったので、 あらためて奈良市のトンボを眺めて、 考えを整理してみました。 奈良市では佐保川と支流の岩井川が花山を囲んでいます。 花山が高千穂峯にあたります。 トンボの右岸にある平城宮は台与の都に対応し、 トンボの内側にある総国分寺(東大寺)は台与の墓に対応します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良市の東大寺東塔院跡 (現地公開見て歩き219)

2018年11月11日、 奈良市の東大寺東塔院跡で行われた現地説明会に行って来ました。 説明会資料。 今回は七重の塔を囲む回廊跡の調査です。 奈良時代(赤線)の遺構と鎌倉時代(青線)の遺構が出土しています。 南西隅の調査区。 回廊の柱列跡が3本の青いテープで示されています。 南側回廊は奈良時代も鎌倉時代も柱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山県津山市の細畝古墳群とトンボ

岡山県北部の津山市の細畝古墳群で、 13日(火)と14日(水)に現地説明会が行われるようです。 古墳時代後期から終末期(6世紀後半~7世紀前半)の円墳3基が見つかり、 横穴式石室から陶棺や土器類、装身具などが出土したということです。 地図を見ると、 近くには美和山1号墳という前期の前方後円墳があります。 津山市の中心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀県栗東市の蜂屋遺跡 (現地公開見て歩き218)

2018年11月03日、 滋賀県栗東市の蜂屋遺跡の現地説明会に行って来ました。 飛鳥時代後半(7世紀後半)の古代寺院跡が発見されたようです。 見つかったのは寺院の西を画する4本の溝跡ですが、 溝跡から法隆寺式の軒丸瓦が出土したことが注目されるようです。 現場のすぐ南には物部氏が創建したという宇和宮神社があり、 古代の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山県真庭市のトンボ

岡山県北部の真庭市教委はこの11月から、 真庭市上水田の荒木山東塚・西塚の両古墳の調査を始めるようです。 荒木山東塚古墳は墳長45mの前期の前方後方墳で、 荒木山西塚古墳は墳長63mの前期の前方後円墳です。 近くには墳長90mの中期の前方後円墳、立1号墳などがあります。 真庭市上水田は、 備中国阿賀郡英賀郷(あかぐん・あがご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more